2019 JICA Group and Region Focused Training in Road Maintenance and Management (C)

Participants Only

2019年度 JICA課題別研修:道路維持管理(C)コース

 

NPO法人グリーンアースでは国際協力事業の一環としてJICA沖縄センターより委託を受け、昨年度に引き続き2019年度課題別研修「道路維持管理(c)」コースの研修を実施します。
今回の研修ではミクロネシア・パラオ・フィリピン・サモア・スリランカ・東ティモール・トンガの7ヶ国から計9名の研修員が、日本・沖縄での道路維持管理技術を学ぶ予定です。
(2019.10.11-11.15)
Course Schedule⇒ PDF
○研修日程⇒ PDF

 

2019.10.18

Mr. Kamiya from Administration Division, Department of Civil Engineering and Construction, Okinawa Prefectural Government gave a brief introduction of construction techniques developed in Okinawa including techniques of preventing red silt runoff, countermeasures against salt injury, and prevention of slope collapse in a half an hour. Participants were listening carefully to his discussion. 

Then, we had presentation (prepared in PowerPoint) session of inception reports.  Participants presented about the country profile, touristic resources, and current situation of roads in their countries.  It was clear that they face issues on availability of machineries and technical experts.  One common obstacle for future development was “securing sufficient budget”. 

午前最初の30分間、「沖縄県の保有技術」を沖縄県土木建築部総務課の神谷さんから紹介がありました。亜熱帯地区独自の赤土流出防止対策、塩害防止対策、法面崩壊防止等の技術を興味深く研修生は聞いていました。
その後、研修生から自国の紹介を国別にしてもらいました。それぞれの国の概要、観光資源と道路事情をパワーポイントでの説明でした。各国独自の道路維持の問題点、対応を説明し、機械や技術者に対する問題点が多いことが分かりました。そして、「予算確保」が今後の共通の課題でした。

2019.10.17

Morning lecture was presented by Mr.Nakazono, Disaster Prevention Section, Department of Development and Construction, Okinawa General Bureau on “Road Disaster Prevention Measures”.  He used actual example of Typhoon no. 19 to explain how national government responds at the time of disaster.  At the end, he briefed on disaster response activities of Okinawa General Bureau, and answered to a lot of questions. 

In the afternoon, Mr. Kina (Chief of Planning and Coordination Section), Road and Street Construction Division, Civil engineering and Construction Department, Okinawa Prefectural Government gave a lecture on “History of Road Maintenance in Okinawa, Future Road Plan”.  He first showed a video, “Story of Roads in Okinawa” so that the participants would learn Okinawa’s postwar history.  Then he explained details of road construction after the war and the reversion of Okinawa.  At the end, he explained the future road plan.  There are many questions about the environment conservation, etc.

午前は、「国の道路防災対策」をテーマにした沖縄総合事務局開発建設部の防災課の中園課長の講義でした。中園課長は、近々の台風19号の被災状況を具体的な事例として、国の災害発生時等への対応について解説しました。最後に総合事務局の防災対策について解説されました。途中、質疑応答の繰り返しでした。
午後は、「沖縄県の道路整備の歴史、今後の道路計画」をテーマにした沖縄県土木建築部道路街路課の喜納班長(企画調整班)の講義でした。まず、「沖縄道ものがたり」のビデオで戦後の歴史を学んでもらいました。その後、具体的な道路建設を戦後、及び本土復帰後の順に解説しました。最後に、今後の道路計画について解説されました。途中、環境保全等に関し、質疑応答の繰り返しでした。

2019.10.16

Morning lecture was on “Operating and Maintaining of National Highways” delivered by Mr. Shimoji, Manager of Department of Development and Construction, Okinawa General Bureau.  In his lecture, he covered how daily maintenance and disaster response activities are carried out.  At the end, he spoked about the duties of Okinawa General Bureau.  Then he answered to many questions that are raised.

In the afternoon, we visited two sites where national government has ordered maintenance and reinforcement works.  First site was at Izumizaki intersection where pedestrian bridge was under repair work.  Participants asked questions about how actually the repair being done.  The second site was at Haebaru elevated bridge where bridge pier was under anti-seismic reinforcement work.  Participants were keenly observed the work process.

午前は、「国の道路維持管理」をテーマにした沖縄総合事務局開発建設部の道路管理課下地課長の講義でした。塩路課長は、日常管理から災害等への対応について、最後に総合事務局の取組についての解説されました。途中、質疑応答を繰り返しでした。
午後は、国の維持補修現場見学でした。最初の泉崎歩道橋現場では、具体的な補修方法への質問が相次いで、次の南風原高架橋耐震補強工事では、実際の施工状況を興味深く観察していました。

2019.10.15

We had a lecture given by Prof. Yabuki, Emeritus Professor of University of the Ryukyus, on “Basic Concept on Infrastructures” in the morning. He showed actual examples from Okinawa (Irabu Great Bridge) and Sky Tree in Tokyo and discussed the significance of infrastructure of different perspectives. Participants asked questions actively and had a discussion at the end.

In the afternoon, Mr. Wada, Planning Coordination Officer from Development and Construction Department, Okinawa General Bureau, delivered a lecture on “Road Network of Japan and Okinawa”. All participants had keen interest in this topic and asked many questions.

In the evening, we joined a welcome party at a restaurant in Naha City with the lecturers of our program which included those from National Government, Prefectural Government, University and private companies. We enjoyed this lovely occasion with drinks (Orion Beer, wine, and Awamori, local liquor.

午前は「社会基盤整備概論」のテーマで琉球大学矢吹名誉教授の講義がありました。沖縄の事例(伊良部大橋)やスカイツリーの事例等を取り入れながら、インフラの意義を様々な視点から解説されました。研修生は、その都度、熱心に質問をしていました。最後に研修生らとディスカッションを行いました。
午後は「日本と沖縄の道路ネットワークについて」をテーマとした沖縄総合事務局開発建設部の和田企画調整官の講義でした。皆さん、日本と沖縄について関心が深く、講義終了後に質問が相次ぎました。
又、夜には那覇市内の居酒屋で懇親会を開催し、国、沖縄県、大学、及び民間会社の講師の方々とオリオンビールやワイン、泡盛等を飲みながら楽しい時間を過ごしました。

2019.10.11

研修初日を迎え午前中は9時半からの開講式の後、NPO法人グリーンアース鈴木代表による県内道路事情説明がありました。沖縄県の現状と課題等について研修員からは多くの質問がありました。
午後は県内視察として、首里城やトロピカルビーチ、嘉数高台からの普天間基地視察を行い、最後はてだこ浦西駅から経塚駅までモノレールに乗車体験をしました。